So-net無料ブログ作成

洗える布団は本当に洗濯機で洗えるか?;実際に購入して比較も。 [アレルギー対策]

洗える敷き布団の比較洗える掛け布団の比較など行ってきました。更に悩んだ末に我が家で購入したのは以下の二品です。セットでの購入も安くなるので、さらに考えたのですが、敷き布団にこだわったところ、このセット布団がなかったこともあり別々の購入となりました。(何故、別々の所から送られてくるの?、と妻には笑われましたが・・[わーい(嬉しい顔)]

★色々悩んだ末に、購入した洗える敷き布団は”お役にたちます快眠館”さんのこの敷き布団、固綿にブレスエアー40mm・中綿には中空構造の化学繊維であって、体重を支えてくれそうな3穴程度、繊維にスパイラル構造があるというエアロカプセルγを使用というところが選択の基準でした。底つき感と通気性を重要視しました。3穴なのである程度の保温性もあるのではを期待しました。直接お店に聞いたのですが、残念ながらこの品と掛け布団とのセット品は扱っていないとのこと★

  

   実際に購入して寝てみたところ、以前に購入した、★固綿まで洗える敷き布団(楽天)★よりも、明らかに底つき感がなく、快適です。やはり音は感じますが、寝ているときはそれほどでもなく自分では許容範囲です。あとは、長く使ってみて、腰痛への効果と、実際に洗ったときにどうか?。です。

★そして洗える掛け布団で選んだのが”こだわり安眠館”さんの掛け布団、中綿に保温性を重視したクオロフィル、側生地に”ポリエステルの水分発散性と綿の吸湿性を合わせ持つ”と記載されているEVEAT生地(ただし高密度繊維との記載はないです)。そして、最終的に"二枚合わせ”を選んだので予算が増えてしまいました。★

  

  前回の、洗える掛け布団の比較では、この布団の一枚のものを選びました。でもかなり悩んで、最終的に購入したのは二枚合わせです。値段は1.5倍。でもそれは、洗濯機で洗うことを考えたからです。もちろん、季節によって変えられることもメリットと感じました。

 一枚タイプの掛け布団では中綿重量が1.5kg、二枚合わせの掛け布団では1kgと0.6kgです。実はちょっと勘違いもあって、余裕が欲しくなったところもあります。口コミなどを見ると洗濯機で洗って布団がほつれたというような記載があります。以前と比べると安眠館でも洗えない場合もあるような事が書いてあります★安眠館の記載(楽天)★。不安になったわけです。

 でも、インビスタ社のサイトを見て、二枚洗うことの手間を考えたら、一枚合わせでよかったのかな?。とちょっと後悔はしています。

sentaku.JPG 詳しくはインビスタ社のサイトやご自身の洗濯機の説明書参照下さい。 

 ここでポイントなのは、"中綿"重量であるということです。

 実際に布団を体重計で測ってみたところ、中綿が1.6kgでも当然のように2kg以上あります。新しい洗濯機を購入するまで詳しく見ていなかったので、あわてていたのですが、洗えていたし・・・。と迷っていたところでした。でも、どうして8kgも洗える洗濯機なのに1.8kg なのかなどとも思っていたのです。

 それから、縦型の方が布団が洗える可能性が明らかに高いことは以前の記事で書きましたが、特に三洋など、二枚合わせにしないと、無理な洗濯機もあることです。

ちなみに我が家は日立の8kgタイプ縦型洗濯機ですが、日立は6kgでも1.8kg以下というスペックを持っています。これは日立の洗濯機が洗濯槽ごと回転しながら優しく洗うという機能を持っていると聞いたからです。日立を選ん理由の一つでもあります。

 今回、記事を書く為に改めて考え直したところでは、二枚合わせにする必要はなかったかもと感じていますが、安心を選んだと考えることにしています。

クォロフィル 洗える掛け布団 2枚合わせ シングル(楽天)★はこちら[パンチ]


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 1

コメント 3

aya

はじめまして。

子供がアレルギーと判明し、昨夜からこちらのブログを何度も読み返し、また布団を検索しました。
最初は違いがわかりませんでしたが、こちらのブログのおかげで少しわかりかけてきたかな・・という感じです。

掛け布団についてなのですが、羽毛布団で洗えるタイプのものはお考えにならなかったのでしょうか?
もし、よかったら教えていただけないでしょうか?
by aya (2011-05-27 14:13) 

灰色の癒し手

 こんにちは、コメントありがとうございます。アレルギー、大変ですよね。確かに羽毛も考えたのですが、アレルギーと言っても多種多様で、避けるべきアレルギーがなにかで変わってくるかとも思います。といっても混在することもありうるようです。羽毛の場合、まず羽毛自体に対するアレルギーがありえます。防ダニの羽毛布団もありますが、薬品を使った加工が化学アレルギーに関与する可能性があります。一般的なダニアレルギーとしても、洗えるといってもダニがすべてとれるとは考えにくく、数を減らすと考えればダニの食料となりうる材料(羽毛など)は避けたいです。それから、家族全員の布団を洗う我家としては乾かす時間の差は重要でした。それに、真冬は暖房をつけっぱなしの環境なので暖かさの重要度が少ないなど。全体にメリットよりもデメリットが勝ったという感じでしょうか。私のブログが参考になればうれしいです。
by 灰色の癒し手 (2011-05-28 01:20) 

aya

>>ダニの食料となりうる材料(羽毛など)

なるほど。
そうかもしれません。

今まで羽毛布団だったので、軽いし、洗える羽毛布団があるのであれば、羽毛にしようかなぁ・・と安易に思っていました。

ひどいアレルギーというわけではないので、ゆっくりしっかり我が家にあう布団を探していこうと思います。

本当にここまで細かく書いていただいているブログは見当たらないので、ものすごく参考になります。

今後もよろしくお願いいたします。
by aya (2011-05-28 13:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。