So-net無料ブログ作成

中国上海子連れ旅行記(上海市内観光) [上海子連れ旅行記]

上海旅行記TOP[中国上海子連れ旅行記(準備編)]

今日は、チャイナエクスプレスの実質的なツアー開始日。淡い期待を背負いながらバスに乗り込みました。

 経路は外灘・祇園・上海博物館という上海観光定番コースです。これまで、グアム・ソウルと格安の半日ツアーに参加したのですが、どちらも短期間でその都市の概要に触れることができて充実した印象が残っていました。それで、期待していたんです今回も・・・。

 集合は10時半、随分遅いなって思っていたんですが、朝7時半から森ビルを見に行くツアーがあったので遅れたようです150/人(初日に往復タクシー30/4人で行ったところです)。

(ややくたびれた)バスは外灘(バンド)へ出発。バンドは現在上海万博に向けて工事中、しかも観光名所なのに全面通行止めとは聞いていたのであまり期待はしていませんでした。でも、まさか、バスを降りたら、まっすぐに対岸の写真スポットに行って、「写真撮ったら直ぐにバスに帰ります」と言われてこれで終わり!!“とは思っていませんでした。観光トンネルとか、、、。もしかしたらタワーに上るとかなんて考えていた私としては、見事な肩すかしでした。

どおりで、問い合わせに対応してくれないわけです。一週間前に、上海観光で行くところ、トンネルに行くのか?などを、初日の計画設定のために聞いていたんですが、空港での待ち時間の目安も含めて、全くの返事なしだったんですね。普通、いくら忙しくても一週間前の問い合わせに答えないなんて事はないと思います。せめて行かないことだけでも教えていただければ、それなりに頑張って観光したのですが、このあたりもここの会社に不信感を抱くところです。

次は豫園です。上海名物の渋滞に悩まされながらですが、わずかな距離を移動です。そして、狭い路地でここで降ります!“とのこと。後ろに乗っていた私たちが降りたときはガイドさんは遙か先。路地に中途半端に停めているので、バスと歩道の隙間をバイクがすり抜けてきます。子供が降りようとしたとき、バイクにぶつかりそうになって冷やりとしました。

豫園は、初めて見る雰囲気。浅草寺の門前町を見るようで新鮮でした。ただ、ここも、ガイドさんの後ろ姿を見失わないように必死に歩くのみ。足が悪い私はついて行くだけでも精一杯(帰ってきてからしばらく足が痛かったです)。

で、バスの中で買い物なし!!”と何回も言われていた意味がわかりましたね。少なくとも立ち止まって見てみたいような物珍しげな小物が多いんですね、これが・・・。完全な不完全燃焼です。しかも、有料の庭園には入る気配もなし。浅草寺に入らずに門前町だけで終わりという感じです。

(結局、この後、もう一度 豫園に行っています。その時の記事はこちら

これだけ必死に歩いて我慢して、ついた先は、“お茶やさん”。昨日杭州で案内されたあれです。二回目です。案内も判で押したように同じ。まぁ、これが初めての方なら満足したかもしれませんが、大人数であったためか、煎れ方もおざなりで、予想通り味も今ひとつ。先日の、新鮮さがうそのようです。このあと、閉鎖されたお茶やさんに閉じこめられる“こと数十分。涼しいんでまぁいいんですが、(連れて行かれた土産物屋さんに共通ですが)椅子もなく、割高な(容易に想像できます)お茶しかないお土産物やさんにいなけりゃいけないというのも苦痛ではあります。この時間があるならば、もう少し、豫園にいたかったなぁ。

既に時計は13時に近くなっています。日本時間では14時。体内時計が正確な子供達はお腹を空かせてしまっています。ややぐずりがちな、娘をかかえて灼熱の上海を徒歩移動開始。10分くらい歩いたでしょうか。やっと、食事場に到着です。外からの雰囲気は、日本で言えば大衆居酒屋的な感じ。味は、予想通り今ひとつ。昨日の杭州料理の方が良かったなぁ。でも食べられない味じゃありません。飲み物は割高。水10元。先日、新幹線の待合で4元の水が高いと考えていたのが嘘のようです。

まぁ、なんとか食事も落ち着いたところで、バスは出発。次の目的地、上海博物館は無料開放のため混んでいるとのことで新天地へ。もうこの辺になると観光内容は予測できます。でもまさか、着いたとたんに「着きましたけど降りて見ますか?」と言われるとは思いませんでした、、、。来たんですから見ますよ、普通。まぁ、現住者には、珍しくもないんでしょうが、、。でも、予想通り、新天地をぞろぞろと歩いたと思ったらお終いです。通路の端っこでバス待ち。

今日はこれで、日食観測予定地に移動かな?。と思っていたら、次の目的地に到着した様子。また、土産物屋さんでした。観光時間の倍以上が閉鎖された土産屋というのもなんとも比率が悪く、早めに飽きてしまったので、特にすることがなく、時間もったいないって言う感じでした。あえて、良い点を上げれば、昨日の杭州に比べればクーラーの中にいる比率が格段に高いので、暑いけれども疲れが少なかった点でしょうか。でも観光は5分の1です。なんのために上海来たんだか・・。

 

これがチャイナエクスプレスの市内観光でした。2010年は万博に向けてツアー組んでいるようですが。なんともいえません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。